「ディオール」が伊勢丹をジャック トレンドのチェック柄をまとった新木優子も来店

「ディオール(DIOR)」は9月4日から、伊勢丹新宿本店への出店20周年を記念したポップアップストア「伊勢丹“チェックン ディオール” 20周年記念(ISETAN CHECK’N’DIOR 20-YEAR CELEBRATION)」を本館とメンズ館の8カ所で開いている。ウィメンズ4カ所(本館1〜3階)、メンズ2カ所(メンズ館1、3階)、ベビー(本館6階)、ホームコレクション(本館5階)のそれぞれのスペースで同店限定商品や先行販売アイテム、新作をそろえる。

本館3階のセンターパークでは、伊勢丹の象徴的なタータンチェックのショッピングバッグに合わせて、「ディオール」がオリジナルのタータン柄を用いたカプセルコレクションを用意している。商品はキャンバスバッグの“ブック トート”(スモール28万5000円、ラージ32万円)やアノラックパーカ(32万円)、ハット(8万3000円)、パンプス(10万6000〜11万3000円)、スニーカー(10万5000円)、ブレスレットセット(4万6000円)などで、“ブックトート”は刺しゅうサービス「ABCDior」にも対応する。

4日に行われたプレスプレビューには、タータンチェックの新作に身を包んだ新木優子が来店し、“YUKO”の刺しゅうが入ったタータンチェックの“ブックトート”を持ってポーズを取った。「トートバッグはパリで商品を見せてもらったときから欲しいと思っていました。洋服も赤色が好きなので着用できてうれしい。秋冬といえばチェック柄が注目なので、皆さんにもぜひチェックしてほしいです」とコメント。また、館内を回った新木は「ディオール」仕様のチェック柄にラッピングされたエスカレーターの手すりについて「とても感動しました。ほかにも『ディオール』の魅力が詰まった素敵なスポットがたくさんあるので、実際に見に来ていただきたいです」と話した。

「ヴェトモン」とDHLが正式コラボ 新作10型を発表

「ヴェトモン(VETEMENTS)」は2019年春夏、物流会社のDHLとのカプセルコレクションを発表した。DHLのロゴやコーポレートカラーの黄色と赤を使ったTシャツやポロシャツ、ジャケット、スエットパンツ、キャップ、ソックスなど10型をラインアップする。

「ヴェトモン」は2年前の17年春夏コレクションでDHLのロゴを無断で使用したパロディーTシャツを発表。その後、DHLグループで国際エクスプレス輸送を運営するDHLエクスプレスのケン・アレン(Ken Allen)CEOがツイッター上で同パロディーTシャツを着用した写真をアップし、話題を呼んだ。今回のカプセルコレクションは、DHL公認のコラボレーションになった。

アレンCEOは、「(このコラボは)DHLがグローバルに認知された価値あるブランドと認められた証だと捉えている。『ヴェトモン』のデザインは物流において “グローバルにファッションとeコマースをサポートする”というDHLの役割を印象付けるもの。また、ファッション業界に対する我々のコミットメントと、DHLが常に時代の流れに対応した存在であることを象徴している」とコメントしている。

白Tシャツを使ったシンプルなモノトーンコーデ

白Tシャツを使ったシンプルなモノトーンコーデに物足りなさを感じるのであれば、ネッカチーフをプラスワンしてみるのはいかがだろうか?小物一つでも顔周りが装飾的になるため、物足りなさを払拭するのに効果はテキメンだ。直近のピッティウオモでもネッカチーフを取り入れている男性が非常に多く見られ、旬度が高いというのも魅力的。色はブラックをチョイスして白Tシャツとコントラストを効かせればより効果的に。

ビッグシルエットがトレンドとして人気を集めるなか、ただ単にオーバーサイズのアイテムを使えば良いというわけでもなくバランスの調整は必須だ。たとえばビッグシルエットのTシャツを着こなすならこちらの御仁のように、袖はロールアップ、裾はだらしない印象を与えないよう一部もしくは全体をタックインすると、すっきりと収まる。股上が深いサルエルパンツを合わせた着こなしもリズミカルで好バランスに。

白Tシャツを使ったシンプルなコーディネートにアクセントを加えるなら、タックインの取り入れが効果的。特に下のスタイリングで実践しているようなハーフタックインなら、よりリズムのある印象に仕上がり、パンツのプリーツディテールやウォレットチェーンなどの装飾的な要素が際立つ。白からベージュ、足元のブラウンへとつながるグラデーションも◎

無地の白Tシャツの上にレイヤードしたチェストリグや、無数のダーツにスプリットされたフラップポケットが特徴的なボトムスを合わせることで、タクティカルなムードを醸し出したスタイリングにフォーカス。こちらの御仁が着用しているチェストリグはAlyxが手がけるものを筆頭に人気を集めており、ストリートで常に注目の的となるカニエ ウェストやエイサップ ロッキーも愛用するアイテムだ。白Tシャツにブラックのチェストリグを合わせれば、上述のようなタクティカルな雰囲気を情勢できるとともに、ブラック×ホワイトのコントラストで引き締め効果にも期待できる。

ボックスシルエット気味の白Tシャツに白のペインターパンツを合わせて、男らしいシルエットを残しながらクリーンな表情を演出したメンズコーデ。足元に取り入れたライトブルーのディアドラ スニーカーがコーデの雰囲気にマッチしながらほどよいアクセントをプラスしている。こんなコーディネートなら、ゴールドをサイドフレームにあしらったサングラスも嫌味なくハマる。

こちらの御仁が着用しているのは、あえてムラのある糸を使用して織られたスラブ生地の白Tシャツ。濃淡のついたやや透け感のある表情が涼しげな雰囲気を漂わせるため、スラブ生地の白Tシャツは夏にぴったりだ。ボトムスにはドローコードが配されたゴムウェストのイージーパンツを合わせてエフォートレスに。

ヘルノの営業とマーケティングの代表を務め、自身もブランドの顔として数々のメディアに登場するガブリエレ・バルディノッティ氏の白Tシャツコーデをピックアップ。以前、白Tシャツのシンプルなスタイリングにホカ オネオネのスポーティーなスニーカーを合わせていたガブリエレ氏、直近のピッティウオモではアシックスのランニングスニーカーを合わせた白Tシャツコーデで参戦していた。シンプルで大人らしいシックな装いを、スニーカーのチョイスひとつでスポーティーに仕上げた好例だ。

白Tシャツを使ったコーディネートを大人っぽくきれい目に仕上げるなら、細いネックがおすすめ。太リブなどのネックなどと比べると繊細で品ある印象を持つため、こんなダメージの入ったコットンパンツとスニーカーを組み合わせた装いもどこか上品さを感じさせる。

やんちゃなニュアンスや肩肘はらないリラックス感でイマドキな白Tコーデを演出するなら、ほんのり肩が落ちる程度のゆとりを設けたサイズ感を選ぶのがお約束。テーパードシルエットのパンツを合わせれば、洒脱なYラインシルエットの夏コーデが完成する。直近のピッティウオモ96で散見されたネッカチーフのアクセントを加えれば、こなれ具合はさらに倍増すること間違いなし。

Tシャツ一枚で外に出る機会が増える夏シーズン。無地のTシャツも良いが、フロントにロゴをあしらったロゴTで装飾性を持たせて違いを出すのも一興だ。たとえばこちらのスタイリングでは、ヘラジカの足跡とメリケンサックをモチーフにしたムースナックルズの白ロゴTを取り入れ。アクセサリーもほどほどに、Tシャツにイージーパンツ、スニーカーを合わせたシンプルなコーディネートがロゴデザインによって装飾的に。大胆でキャッチーなデザインであればあるほど「そのTシャツどこの?」と聞かれることも増えるかも?

穴が開いた透け感のある見た目も通気性のある着心地も、清涼感という点においては右に出るものがないメッシュ素材のTシャツ。下のスタイリングではメッシュ製の白Tシャツにネイビーのドレスパンツを合わせて夏らしいドレカジスタイルに。白Tシャツコーデをスポーティーかつ清涼感たっぷりに仕上げるなら、メッシュ素材のアイテムを選んでみるのも面白い選択肢だ。透けが気になってメッシュTシャツの一枚使いはハードルが高い…という方は、開襟シャツなどのインナーとしてレイヤードしてチラ見せするのも◎

タイトシルエットの白Tシャツにルーズフィットのチノパンを合わせてメリハリをつけたシンプルな着こなし。シンプルだからこそウエストに垂らしたベルトや重ね付けしたブレスレットが、アクセントとしてしっかりと効いている。チノパンにリンクさせるような、テンプルがベージュのサングラスを選んだアイテムチョイスも◎

まつゆう*の私物やオススメアイテムが「パスザバトン」で販売

スマイルズの「パスザバトン(PASS THE BATON)」は、ブロガーのまつゆうの私物などをオンラインストアで26日正午12時から販売する。思い出の洋服や小物を始め、ブログ「まつゆう personal media」で掲載した商品、著書で紹介したアイテムなど、本人コメント付きでラインアップする。

まつゆう*は、今回の販売について次のようにコメントしている。

私は、洋服、靴や小物が大好き。
自分のことはおしゃれだとは思ってはいないけれどね。
ブログでファッションを提案したり、
モデルさんに着てもらって写真を撮ったり、
お仕事で衣装として着たり。
実際、プライベートで着る服はとてもベーシックだけど
お家のクローゼットの中は、カラフルで可愛くて
まるでワンダーランドみたい。
ちょっとづつ、可愛いものを集めていたら気づいた時に
1部屋まるまるクローゼットになってしまいました。
大切で手放したくないお洋服や小物たち。
だけど、そうもいっていられない。
ある日、フリーマーケットにチャレンジしてみたけれど
素敵な女の子に連れ帰って貰えたらどんなに安くたって気分がイイ。
だけど業者さんなどにやすーく値下げ交渉をされてしまって、
大切なアイテムをこんなかんじで手放すのは切ない。って思ってしまいました。
そんな時、「PASS THE BATON」と出会ったんです。
大切なものを、 「渡す人の顔が見える。相手の声が聞ける。」
そんな人と人との心のバトンを繋ぐ素敵なお店。
私のブログに掲載した衣装、私服、旅で見つけた可愛いものたち。
大切な大切なものたちを、ブログとネットを使って
PASS THE BATON!!!

まつゆう*のクローゼットから、
あなたのクローゼットへ。
大切なものが語り継がれますように。

まつゆう*は、1993年からモデル活動を始め、1998年に独自の”可愛いカルチャー”情報をウェブで発信し、「ツイッター」「ライン」などをいち早く著書で紹介するなど、注目を集めるブロガー。昨年は「イヴ・サンローラン・ボーテ」の「世界の女子ブロガー11人」に唯一のアジア人として選出されたほか、「ブシュロン」のインターナショナルキャンペーンで世界のブロガー8人の1人としてコラボレーション作品を発表した。今年に入ってからも「ランコムショー・バイ・アルベール・エルバス」のアンバサダーに就任するなど活動の幅を広げている。

東京ファッション・ウイークをどう変える? アマゾン冠スポンサー就任の狙い

ジェームズ・ピータース=アマゾン ジャパン バイスプレジデント兼ファッション事業部門部門長(以下、ピータース):アマゾンはこれまで、ニューヨーク・メンズ・コレクションのスポンサーやメットガラの協賛など、グローバルにファッションを支援してきた。ファッションが好きなお客さまを持つわれわれにとって、ファッション業界をサポートすることは、自然な選択だった。消費者がオンラインであたりまえに服を買うようになった流れと同じ。どのように業界を効率よく、素早く支援し、お客さまへ還元することができるかと考え、今回の契約に至った。日本では、この規模でファッションをサポートするのは初めてのこと。

契約年数と金額は非公開にしている。長期的な契約を見込み、1シーズンで打ち切ることは予定していない。スポンサーとして、どのようにデザイナーをサポートできるかを重視する。

この契約を交わしてから、まだ90日足らず。今回は大きく変更はせずに、これまでJFWOが採用してきた形式を踏襲する。新たな施策は、21、22日に表参道ヒルズで開催する「ユイマナカザト」のインスタレーションだ。同ブランドがパリで発表したコレクションを東京で披露する機会をサポートする。メイクはAFWTのスポンサーになった資生堂が行う。このようなコラボレーションでファッション・ウイークを進化させることができると期待する。

若手デザイナーのサポート体制については検討段階にある。既にアマゾンには、デザイナーを国際的にサポートできる力がある。例えば、彼らが商品を売りたいと考えていたら、アマゾンで今すぐにでも販売が可能だ。

そのようなページも検討予定だ。しかし、デザイナーが商品の販売を希望するのであれば、われわれには準備がある。一方、出店を強制することはない。ルールを作るのではなく、デザイナーたちの助けになりたいと考えている。

日本語の他に英語と中国語(簡体字)でもショッピングができる。つまり、日本人以外でも英語と中国語を話す人であれば世界中で買い物を楽しむことが可能だ。日本にも多くの有能なデザイナーがいて特に若手デザイナーはもっと世界に知ってもらう機会を設けるべきと考える。その壁を乗り越えるために、アマゾンがデザイナーたちをどのように支えていけるかが課題だ。

アマゾンには対応できる体制が整っているし、ショーを開催したその日中に商品を届けることだってできる。もし、この形式でショーを行いたいと考えるブランドがあれば、いつでもドアを叩いてほしい。アマゾンはよろこんでそのドアを開く。

「シャネル」がフレグランス「チャンス」でダンスオーディション実施

シャネル(CHANEL)」は、人気フレグランス「チャンス(CHANCE)」のイベントを3月30日~4月7日に東京・新宿のルミネ0で催す。長年シャネルの広告に携わっている仏アーティストのジャン=ポール・グード(Jean-Paul Goude)による歴代作品を展示するほか、会場内にはブティックを設け、6月に発売する「チャンス オー タンドゥル コフレ」を先行販売する。「チャンス オー タンドゥル パルファム」とオリジナルポーチのセットで、価格は1万3000円。数量限定でなくなり次第終了となる。

またイベント会場では、今年1月に公開された「チャンス」のCMを再現したダンスオーディションも開催する。ダンス好きだというグードが手掛けた同CMは、“ダンスオーディションで4人の女の子がチャンスをつかむ”というストーリー。オーディションはその世界観を再現し、合格者4人を選出してパリ旅行に招待するというもので、審査にはグードも名を連ねる。3月22日から参加者80人を募集し、4月1~6日に予選、イベント最終日の7日に決勝戦を行う。オーディションの告知動画にはブランドアンバサダーでモデルのKoki,が出演する。

ジャン=ポール・グードは、1960年代初頭にイラストレーターとしてパリで活動をスタート。写真や映像、ダンス、グラフィックデザインなど多岐にわたり活躍する。シャネルとの協業は90年の男性用フレグランス「エゴイスト(EGOIST)」から始まり、これまでに「ココ(COCO)」や「シャネル N゜5」などのキャンペーンを手掛けたほか、2002年から現在まで「チャンス」のプロモーションに携わっている。昨年11月には東京・銀座のシャネル・ネクサス・ホール(CHANEL NEXUS HALL)で作品の展覧会を行い、告知動画にはKoki,を起用。オープニングパーティーにはモデルで女優の山田優や鈴木えみらが訪れた。

モンクレール1952クラシックをポップに昇華

モンクレール Tシャツ コピー」は、世界的クリエイターとのコラボコレクション「モンクレール ジーニアス(MONCLER GENIUS)」の2019年春夏第2弾として、“2 モンクレール 1952”を1月31日に世界同時発売する。一部の「モンクレール」店舗およびセレクトショップで取り扱う。

今回、メンズコレクションではアーティストのヘイ・ライリー(Hey Reilly)と協業。グラフィカルなカラーの切り替えが特徴的なブルゾン(26万7000円)や「モンクレール」の巨大なレタリングプリントのスエット(7万7000円)など、ポップで都会的なデザインを打ち出した。

ウィメンズでは、「MONCLER」のつづりを分解して全面に散りばめたマルチカラーのジップアップブルゾン(22万9000円)とアシンメトリーのプリーツスカート(32万5000円)のセットアップなど、定番のワードローブをベースにデザインやシルエットに遊び心を加えたラインアップとなっている。

モンクレールの創業年である1952年に由来する“2 モンクレール 1952”は、2018-19年秋冬にスタート。「モンクレール」のデザインチームが手掛け、同ブランドのクラシックな要素を凝縮しモダンに昇華させたコレクションとなっている。

「シュプリーム」が日本人鬼才アーティスト、セキンタニ・ラ・ノリヒロとコラボ

シュプリーム(SUPREME)」は5月4日、日本人コラージュアーティストのセキンタニ・ラ・ノリヒロ(Sekintani La Norihiro)とのコラボコレクションを発売する。東京・渋谷をはじめとした「シュプリーム」直営店と公式サイト、ドーバー ストリート マーケット ギンザ(DOVER STREET MARKET GINZA)などで取り扱う。

セキンタニ・ラ・ノリヒロは、1979年大阪生まれのコラージュアーティスト。異形の形をした人や内臓、性器、ドクロなどをモチーフに、奇抜でサイケデリックなカラーリングの作品を20年以上にわたり発表。ヨーロッパを中心にアンダーグラウンドシーンで“鬼才”として支持を得てきた。

今回のコレクションでは、セキンタニのアートワークを全面にプリントしたコーチジャケットとパンツのセットアップ、スエットをはじめ、同じくアートワークを背面に、“シュプリーム”の文字を前面にプリントしたTシャツなど、全9型をラインアップ。どれもセキンタニの世界観が落とし込まれたアイテムに仕上がっている。

なお、セキンタニは自身のツイッターで同コラボコレクションについて「面白くないですか?僕は面白いと思います」と綴っている。

「ビームス 六本木ヒルズ」の店舗を公開 カジュアルからドレスまでビームスらしいスタイルを提案

ビームスは25日、最大規模となる「ビームス 六本木ヒルズ」を27日のオープンに先駆けて関係者に公開した。六本木ヒルズ ウェストウォーク2、3階で、「ザラ(ZARA)」の跡地になる。2階(面積約400平方メートル)にメンズとウィメンズのカジュアルを、3階(約600平方メートル)にメンズとウィメンズのドレスを展開。同店舗からデビューするブランドや日本を含めた世界中のブランドとコラボレーションしたエクスクルーシブアイテムを数多くそろえる。また、トルソーを約80体使用し、コーディネート提案していることも特徴だ。

メンズ・カジュアルでは、同店舗でデビューする日本発「ザ グローラー ビルト(THE GROLAR BILT)」をエクスクルーシブで展開し、ボーダーのリバーシブルカットソー(1万5000円)などをそろえる。その他、同店のロゴ「BEAMS ROPPONGI」を施したスエット(8000円)、Tシャツ(4000円)、キャップ(4000円)や、「ホワイツビル(WHITE BILLE)」とコラボし、スクリーンデビューして90周年のミッキーマウスを施したスタジャン(7万2000円)、「ビームス プラス(BEAMS +)」と「ブリーフィング(BRIEFING)」がコラボしたグレーのキャリーバッグなどを提案する。

ウィメンズ・カジュアルは「レイ ビームス(RAY BEAMS)」と「ビームス ボーイ(BEAMS BOY)」をそろえる。打ち出しコーナーで大阪に店舗を構えるビンテージショップ3店舗とコラボし、約700点のビンテージアイテムを訴求。その他、シューズ&バッグブランド「マリアム ナッシアー ザデー(MARYAM NASSIR ZADEH)」や「バズリクソンズ(BUZZ RICKSON’S)」などのエクスクルーシブアイテムを展開する。

3階のメンズ・ドレスでは、「ヘルノ(HERNO)」のポップアップを開催し、色別注したウィメンズダウン(7万8000円)や、シルクカシミヤを素材別注したメンズダウン(35万円)をそろえる。その他、「パラブーツ(PARABOOT)」の別注や、「タリアトーレ(TAGLIATORE)」のエクスクルーシブのセットアップなど。ウィメンズは、「アキラナカ(AKIRA NAKA)」のポップアップを開催。別注5型を展開し、同店舗で1カ月先行発売する。その他、ビンテージコーナーも設置し、ハイブランドのバッグやアクセサリーのビンテージアイテムを打ち出す。

同店舗について設楽洋・社長は「私自身、これまでファッション関係者だけでなく、ITや音楽関係を含めた多くの方々とおつきあいをする中で、さまざまなことのボトムと頂点を知ることができた。その中で、海外では無名でもそのクリエイティブな才能にお金をつぎ込む文化があるが、日本にはまだそこまでないと実感している。この六本木ヒルズの店舗では、 “ハイ”をテーマに、スタイル、ファッション、クオリティー全てにおいて新しい形のプレステージを発信する。ビームスにとって新しいトライアルだ」と語った。さらに、「六本木ヒルズには競合他社のセレクトショップが並ぶが、売り上げ一番店になるという考えではなく、影響力のある、時代が変わる、記憶に残る店にしたい」と意気込んだ。

「リーボック」がヴィクトリア・ベッカムとの初のコレクションを発売

「リーボック(REEBOK)」は23日、ヴィクトリア・ベッカム(Victoria Beckham)との初のコラボコレクション“リーボック x ヴィクトリア・ベッカム(Reebok x Victoria Beckham)”を公式サイトで発売した。25日からは、伊勢丹新宿本店とバーニーズニューヨーク銀座店でも取り扱いを開始する。両者は2017年11月にパートナーシップを締結していた。

同コレクションでは、ヴィクトリアの美学であるミニマルスタイルをベースに、リラックスしたムードのデザインと機能性を融合し、スポーツウエアを新たな視点で表現する。

ファーストシーズンとなる19年スプリングコレクションは、ロサンゼルスとロンドンで過ごしたヴィクトリアの経験をインスピレーション源に、カリフォルニアのイメージとロンドン仕立ての洗練をミックスした。キャメルやシルバー、グレーなどのシーズナルカラーに、サンセットオレンジとブラック、ホワイトをキーカラーとして使用。くるぶしまで隠れるニットアッパーのスニーカー(3万5000円)、切りっ放しデザインの袖口が特徴のオーバーサイズフーディー(2万8000円)、ボンバージャケット(5万円)、ハイウエストタイツ(1万6000円)などをそろえた。各アイテムには、“Reebok”と“VB”が重なりあったデザイン、90年代の「リーボック」を象徴するベクターロゴと“VB”が組み合わさったデザイン、ベクターロゴと“VB”が並んだデザインの3種類のグラフィックをあしらった。

ヴィクトリア・ベッカムは、デザインについて「一つ一つのアイテムは動きに対して柔軟に適応するようにデザインし、最適なワークアウトをすることを考えて創ったが、それと同時にファッションのいかなるアイテムともマッチする流行にも即したアイテムを作り上げるということも重視した」と語った。